アパートの不動産投資を会社員が行うメリット

アパート経営による不動産投資を会社員が行うメリットとしてまず挙げられるのは、他の投資と比べると「収入が安定している」ということです。
株やFXの場合は、株価や為替レートが日々変動するため、特に会社員などの本業を持っている方にとっては、その売買などの作業が負担になってしまいます。
しかしアパート経営による不動産投資の場合であれば、同じ家賃額が何年も継続される場合が多いため比較的安定した収入を得ることが可能です。
もちろん、物件を探したり、融資先を見つけるまでは時間と手間がかかりますが、一度不動産を手に入れれば他の投資よりも楽に運営することが可能でしょう。
さらに会社員であれば、融資を受ける際の審査も有利になる場合があります。
審査では、その人の収入や勤務先の経営状態も問題になるため、経営者や自営業者と比べると、「まじめに働いており、尚且つ収入が安定している会社員のほうが信用も高くなる」という傾向があると言われています。