いろいろな投資先の一つとしての不動産投資

投資する金融商品は株、投資信託、FXなどがありますが、これらの金融商品のほかに不動産に投資する投資方法があります。
リートのように多くの人からお金を集めて投資する投資方法もありますが、これは大規模のビルを投資対象としますが、不動産投資は、アパート、マンション、一戸建てを自ら購入し、運用することで利益を得ます。
不動産投資の利益は、購入した物件を貸して、定期的に家賃収入を得るインカムゲインと購入した物件の値上がりで利益を得るキャピタルゲインがあります。
インカムゲインとキャピタルゲインにもメリットもありますがリスクもあります。
メリットは家賃が月々得られる点です。
銀行からお金を借りて不動産を購入した際には、インカムゲインから返済できます。
また、キャピタルゲインで大きく利益を得られます。
しかし、そのリスクとしては、空室となった時はキャピタルゲインを得られません。
もちろん、人気の無い物件ですと値段は上げることはありません。